1. TOP
  2. 【夏までに!】短期間でもリバウンドしない痩せ方に必要な4つの要素とは?
Sponsored Link

【夏までに!】短期間でもリバウンドしない痩せ方に必要な4つの要素とは?

ダイエット
この記事は約 9 分で読めます。 226 Views

そろそろ夏に向けてダイエットをスタートさせる時期ですよね?

しっかり夏にアピールする為に、男女問わずダイエットの計画を立てていたり、既に始めている方も多いことでしょう。

しかし、ダイエットにチャレンジする上でやっぱり心配になるのがリバウンドのことですよね!

短期間で急激なダイエットほどリバウンドしやすく、知識が少ない方ほどリスクが高いので慎重に計画を立てるべきです。

もうやん自身も過去に2回経験したので、不安に思う気持ちもリバウンド後の悔しい気持ちもよーく理解しています。

そこで今回はリバウンドが起こる原因から、短期間のダイエットでもリバウンドしない痩せ方に必要な4つのポイントを紹介します!

 

リバウンドが起こる原因を知ろう!

リバウンドをしない痩せ方をするなら、まずはリバウンドが何故起こるのか?そのメカニズムを知る事が大切です。

リバウンドが起こりやすいダイエット法は『食事制限』を主としたもので、特に自己流やハードなものはリバウンドのリスクが激高です。

極端な食事制限で急激に摂取カロリーを減らすと、最初は順調に体重が落ちますが、急なことに体がビックリして『カロリーを節約せよ!』の指令が脳から下されます。

これがいわゆる停滞期って奴で【摂取した栄養をなるべく蓄える&体内のエネルギーを節約する】のWの効果で体重が変化しなくなります。

この節約モードが元に戻るには時間が掛かるので、このタイミングで諦めたり目標を達成したりして食事を戻すと、アッと言う間に脂肪になりリバウンドすると言う訳です。

 

【Check:1】1週間で〇kg!等のダイエットは絶対にしない

ダイエット情報が飽和している現代において、その効果の高さを推すダイエット法は数多く存在します。

ですが、急激なダイエットほどリバウンドのリスクが高くなるので、超短期間で且つ大きな効果をうたったダイエット法には絶対に引っ掛からないようにしましょう。

 

【Check:2】強いストレスの掛かるダイエットは爆発の恐れアリ

食事制限は我慢の連続で常に自分との戦いです。

常に強いストレスを感じることになるのですが、これが強敵。

強いストレスを感じると分泌されるホルモンには、筋肉を分解して脂肪を蓄える働きがあるので順調なダイエットを妨げます。

それがモチベーションの低下を招きリバウンドを起こす原因にもなるので、ストレスとの付き合い方はとても重要。

 

【Check:3】リバウンドする度にダイエットの難易度は上がる

食事制限は長くなると筋肉が落ちてしまうので、リバウンドを繰り返すごとに筋肉が削られ見た目が貧相になっていきます。

筋肉が落ちると代謝も悪くなるので、ドンドン太り易い&痩せ難い体質になってしまいます。

リバウンドを繰り返す度に、ダイエットの難易度が高まっていってしまうので、1発で決めるのが理想的!

 

リバウンドしない痩せ方を実現するための4つの要素

リバウンドは急激なダイエット、それも食事制限を主にしたもので特に起こりやすく、それまでの努力と一緒にモチベーションを根こそぎ奪っていきます。

『自分にダイエットなんてムリ…』と思ってしまわない為に、リバウンドしない痩せ方をチェックして、計画を立てていきましょう。

 

【Step:1】食事制限はゆるやかにスタートする

体脂肪を燃やすには【消費カロリー>摂取カロリー】にする必要があるので、ある程度の食事制限をする事は必要です。

ですが、前述したように急激に減らしすぎるとリバウンドへの時限爆弾がセットされてしまうので、一気に減らすことは厳禁。

普段の食事を思い返して間食やジュース、主食の大盛りをやめたりなどのムダを省くところからスタートするのが安全です。

また、カロリーとは別に口にする食事の量を減らしてしまうと、栄養バランスが崩れたり空腹感からストレスを溜めてしまうことに繋がります。

だから野菜って大切なんです!

ダイエットに野菜を食べるべき理由はコチラの記事をチェック。

 

ムダを省いても中々変化が現れないときは?

普段の食事からムダなカロリーを省いて様子を見始めたけど、イマイチ効果が現れている気がしないと感じたら、少しずつ食事改善を始めてみましょう。

コチラの記事で紹介している糖質制限ダイエットは、リバウンドのリスクを抑える為にかなり緩めになっています。

ストレスを極力溜めない事に重点を置いているので、続けられる自信がない人にもかなりオススメです!

 

【Step:2】筋トレをしてカッコよく痩せる

ダイエットと言えば有酸素運動が思い浮かぶと思いますが、僕はそれよりも筋トレの方を強く推奨します。

筋トレはそれ自体がかなりのカロリーを消費する上に、筋トレ後は2~3日に渡って代謝が高い状態が続きます。

つまり、週に2~3回の筋トレ習慣を身に付ければ、年中常に代謝が高い状態をキープすることが出来るので、リバウンド対策になります。

ただ脂肪だけを落とす有酸素運動+食事制限では、体重こそ落とせても外見的に貧相になりがち。ただ痩せているだけにならない為には筋トレを取り入れましょう!

 

筋トレには驚くほど様々なメリットがある

ダイエットに筋トレを取り入れるべき理由は、何も代謝アップやカッコよさに限った話ではありません。

筋トレの習慣を付ける事によって、肉体的だけじゃなく精神的にも様々なメリットを実感することが出来ます。

コチラの記事に12のメリットをまとめたので、筋トレをする上でのモチベーションに役立ててください。

 

ジムに通って励む必要はありません

『筋トレってことはジムに通わなきゃダメ・・・?』

と思う方も多いでしょうが、いえいえそんなことはありません。

筋トレはお家でOKで、メニューは腕立て伏せやスクワットなどの自重トレーニングで十分ダイエットに活用可能です。

むしろいきなりジム通いはデメリット多し!自重トレーニングのスゴさについてはコチラの記事を参考にどうぞ。

 

体力に自信の無い方向けの筋トレメニュー

普段あまり運動しないから、いきなり筋トレをスタートさせるのはちょっと自信が無いという方も多いはず!

記事の最後にオススメの筋トレを紹介していますが、それとは別に1日10分で出来る初心者さん向けの筋トレをコチラの記事で紹介しています。

正真正銘10分で出来てカンタンなので、スタートにはオススメ!

 

【Step:3】短期間と言えど2ヶ月は確保しよう

ダイエットは1日にして成らず!

結局のところ積み重ねて結果を出すものなので、短期間とは言え少なくとも2ヶ月はペースを崩さず続けましょう。

短期間で大きく痩せようとするほどリバウンドは起こりやすくなるので、これより短い期間で痩せるなら正しい知識を持った方と一緒に慎重に計画を立てなければ難しいでしょう。

すぐに効果が出ないからと言って焦ってペースを崩さず、2ヶ月後の変化を楽しみにじっくり頑張りましょう。

 

筋トレ+食事制限の効果が出始めるまで

筋肉が太くなるには少なくとも2~3ヶ月は必要です。

・・・と言うことは、2ヶ月ではほとんど効果は期待できないように思えますが、体を引き締める目的であれば話は別です。

体を引き締めたい!細マッチョになりたい!それぞれの目的から見た、筋トレの効果が出るまでに必要な期間をコチラの記事にまとめてみました。

 

【Step:4】体重計に乗る頻度を落とすor乗らない!

体重計に毎日乗ってチェックすることは『リバウンドしない痩せ方』的にはあまりオススメ出来ません。

トイレや運動に食事など、体重は1日の中で絶えず変化している為、1日単位で増えた減ったと一喜一憂するのは無意味です。

リバウンドしない事に重点を置いた痩せ方だと、体重はゆるやかに減少していくのが普通なので、あまり気にしないこと!

体重の計測を週に1回ぐらいにしたり、見た目に変化がハッキリ分かるまでは乗らないと決めておいたほうが吉です。

 

ダイエットの達成感は『見た目』で味わおう

努力の成果が体重に現れるとモチベーションが上がりますが、それを追い求めて間違った方向にダイエットが加速すると、リバウンドの危険が高まります。

体重計の代わりに鏡をチェックして『筋肉が付いてきた!』『お腹凹んだ!』など、小さな変化をモチベーションにするのがオススメです。

 

もし停滞期に突入してしまったら?

順調に来ていたダイエットがピタッと足踏みになる。

冒頭で紹介したような『停滞期』に突入してしまった場合、どうしたらそこから抜け出す事が出来るのか?

まず知っておいて欲しいのが、停滞期は必ず終わりが来ます。

なので焦らないことが大切で、そこで諦めたりヤケになるのは絶対NG!最初に紹介したようにマッハでリバウンドします。

停滞期に入った=順調に来ているとプラスに考えて、そのままのペースを崩さずに継続させるのがポイントです。

もし停滞期が長く、イライラが溜まってしまうようなら『チートデイ』を実践して脂肪燃焼のスイッチをONにするのもアリ。

コチラの記事でやり方を紹介していますので参考にどうぞ。

 

ダイエットに裏技は無い!

リバウンドはそれまでの努力と時間をムダにし、モチベーションを根こそぎ奪っていきます。

リバウンドしない痩せ方のポイントを抑えて、危ないダイエット法に手を出さないように気を付けましょう!

結局は運動+食事のダイエット法が最強なのです。

 

筋トレは間違ったやり方をすると途端に効率が落ちて、失敗したり諦めたりする原因になってしまいます。

もうやんもそれで過去に失敗をしてきましたが、正しい筋トレと食事を学んで取り組み今の体型を手に入れました。

もうやん本人のビフォーアフター&筋トレ内容を以下の記事で紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

ちなみに、女性にはコチラがオススメですよ!

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

このブログを作ってる人紹介 このブログを作ってる人一覧

もうやん

もうやん

秋田県で生まれ育った26歳のもうやんです。
学生時代から自分の体型に悩み続け、様々なダイエット失敗経験を経て最終的に筋トレでダイエットに成功。
8年のストリートダンス経験を持ち、現在インストラクターっぽい活動をしながらウェブライターとして活動中。

コメントを残す

*