1. TOP
  2. 糖質制限ダイエットに筋トレを+したらリバウンドしないって体験談
Sponsored Link

糖質制限ダイエットに筋トレを+したらリバウンドしないって体験談

 2016/03/08 ダイエット
この記事は約 8 分で読めます。 3,507 Views

一般に認知されてから今も大人気の糖質制限ダイエット!

誰でも手軽に、効率よく体脂肪を燃焼させるので多くの人にオススメできますが、一歩間違うとリバウンドのリスクが・・・。

僕自身デブ時代に2度もリバウンドを経験しました…。

そして、今の体型を手にするきっかけになったのは糖質制限+筋トレによるハイブリット!

そこで今回は、糖質制限ダイエットのリバウンドリスクと、筋トレをするスゴいメリットを紹介します!

 

糖質制限ダイエットの概要

糖質の摂り過ぎはなぜ太る?

150711519412_TP_V

糖質を摂取すると、すい臓から「インスリン」と言うホルモンが分泌され、糖質を筋肉や肝臓に送り届けます。

適量なら問題ありませんが、摂取し過ぎて余ってしまうと、その分は体脂肪として蓄えられます。

更に、インスリンが分泌されている間は体脂肪を燃焼させることは出来ないので【燃えない&溜まる】のWパンチで体脂肪が増えていきます。

 

制限すると体脂肪が燃えるメカニズム

糖質は人間にとって不可欠なエネルギーなので、足りなくなると体内に残った栄養を使って糖質を作り出そうとします。

これを新糖生と言って【体脂肪+タンパク質】を原料に行います。

つまり、糖質を制限する食生活にすると、この新糖生モードに切り替わり、体脂肪をガンガン燃焼させることが出来るのです。

 

 

糖質制限でリバウンドする理由

db88_onakamawari15154229_tp_v

糖質制限は正しく行っていけば、誰でも効率よく体脂肪を燃焼させることが出来るダイエット法です。

しかし、すぐに出来る手頃さ故に、思い付きで始めてリバウンドしてしまう人が多いです。

 

【Check:1】糖質制限とカロリー制限を履き違え

日本人は糖質が大好きな国民で、総カロリーの約6~7割を糖質から摂取しています。

それを制限する=カロリー制限だと履き違えて、摂取カロリーを一気に制限してしまうと、飢餓状態だと誤解した脳がエネルギーの消費をセーブしてしまい、脂肪が燃えなくなります。

そこで諦めて糖質を口にしてしまうと、体は少しでも体脂肪を蓄えたい備蓄モードになっているので、急激なスピードでリバウンドを起こします。

 

【Check:2】常に糖質を気にしなければいけないストレス

そもそも何で太るのかと言えば、「食べることが好きだから」「美味しいものが好きだから」のどちらかに当てはまると思います。

それを制限する糖質制限を始めて食生活を改善すると、当然体脂肪は燃えて体重は落ちてきます。

しかし、糖質制限だけで体型を維持するにはその食生活をずっと続けないといけません。

順調に効果が出てきて「ちょっとだけ・・・」と手を出してしまうと、そこから暴飲暴食に走るパターン多いです。

 

【Check:3】筋肉量が落ちて代謝が激減

糖質制限が長期化したり、糖質に加えてタンパク質まで足りなくなってしまうと筋肉をガリガリ削ってしまいます。

筋肉量が減ってしまえば代謝が落ちてしまうので、基礎代謝だけじゃなく運動で消費できるカロリーも激減してしまうので太りやすくなります。

外見的にも貧相になってしまうので『こんなはずじゃ…』とストレスになってしまうことも…。

筋肉と代謝の関係についてはこちらの記事に分かり易くまとめています。

 

【Check:4】実は糖質を摂取してしまっていた

実は糖質は主食以外にも様々な食べ物にも含まれています。

その為、知らず知らずの内に糖質を摂取してしまっていることが多々あります。

糖質制限の食事に慣れ始めてときに『これも大丈夫だろう…』と思った食材が糖質が多かったりするパターンがあります。

 

 

糖質制限をするなら筋トレも実践すべき!

プロフィール画像を見ていただけると分かるように、今のもうやんは太っていた面影はありません。

その理由が【正しい&ゆるい糖質制限+筋トレ】を実行したから!

なぜ糖質制限+筋トレがいいのか、その理由について紹介して行きます。

 

【Point:1】筋トレのエネルギー源は糖質

sport-1685978_1280

糖質制限ダイエットは、体に入ってくる糖質の量を制限するだけなので、口に出来る食品の数も限られます。

しかし、筋トレをすると糖質を消費できるので、通常よりも「ゆるい制限」で実行できるので継続させやすいのがメリットです。

筋トレとの組み合わせがベストな、ゆるい糖質制限については以下の記事をチェック!

 

【Point:2】筋トレで分泌されるホルモンで脂肪燃焼

筋トレをすると、成長ホルモンの「テストステロン」を分泌させることが出来ます。

このホルモンには、筋肉の成長を促して体脂肪を燃焼させる効果があるので、糖質制限とダブルで体脂肪を燃やすことが出来るのです。

テストステロンの効果は他にも沢山!気になる方はコチラの記事をどうぞ!

 

【Point:3】目標達成後も代謝が落ちない

体重が落ちると、一緒に基礎代謝もダウンします。

糖質制限は体脂肪を効果的に落とせますが、一緒に基礎代謝も落としてしまうので太りやすくなっています。

筋トレも同時進行させて筋肉を付けていけば、基礎代謝を落とさなくて済みますし、筋トレ後2~3日の間は代謝が高い状態をキープ出来ます。

週に2~3回の筋トレを習慣化できれば、常に高い代謝をキープすることが出来るのです!

 

【Point:4】体脂肪が落ちても貧相な体にならない

ダイエットした先にある体型が【ガリガリ】or【細マッチョ】ならば、ほぼ100%の人が細マッチョを選択すると思います。

糖質制限で体脂肪を燃やしていけば、その下にある筋肉が姿を現しますが、普段から筋トレしていないと理想との差にショックを受けることが多いです。

だから、自分の理想の体型に向かっていくには、筋トレも並行させるべきなのです!

貧相な体の代表と言えば『ぽっこりお腹』ですが、糖質制限+筋トレはそれにも効果的!

 

【Point:5】美味しいものを我慢し続けなくてもいい

筋肉が付けば基礎代謝はもちろん、活動代謝もアップして歩いたり筋トレしたりなど全ての消費カロリーも上昇します。

これまでと同じ生活をしていても消費カロリーが段違いになるので、カロリーが余りにくくなります。

好きな物を食べても簡単にリセットをする事が出来るので、体型の維持も容易です!

 

【Point:6】筋トレがストレス解消になる

ダイエット中に最もキケンなのが、ストレスが溜まったイライラ状態でいること。

ストレスにはダイエットにブレーキを掛ける作用がありますし、食べ物のことで頭が一杯になれば失敗は目の前です;;

筋トレ含めスポーツには、ストレスを解消させる効果があるのでイライラを溜める心配もなく継続をさせやすくなります。

 

 

筋トレ+糖質制限を成功させる秘訣

タンパク質メインの食生活に切り替えよう

筋トレをするなら、筋肉の材料になるタンパク質の摂取は必須です。

糖質もある程度摂取しながら、体重×1.5~2gのタンパク質を目安に摂取することが大切です。

タンパク質の多い食材などについて、以下の記事をチェックしてみましょう。

 

好みの『おやつ』を用意して、空腹な時間を減らそう

糖質制限=空腹との戦いと勘違いしている人も多いでしょうが、それは違います。

特に筋トレと合わせる場合は、上述したタンパク質を摂取することが大切なので、それを補給できる『おやつ』を食べるのはアリ!

タンパク質を摂取できて、脂肪燃焼の助けにもなるおやつを以下の記事で紹介しています。

 

正しい糖質制限&筋トレにチャレンジしよう!

せっかく糖質制限するなら、体脂肪を落としてスッキリするだけじゃなく、カッコよくなりたいものですよね?

自己流の筋トレって失敗するリスクが高いので、確実に変わるには「プロの知識」を借りるのが一番近道&確実です。

過去何度も自己流の筋トレで失敗してきたもうやんですが、プロの筋トレ知識を借りてチャレンジして今の体型を手に入れました!

その当時のビフォーアフターと筋トレの詳細は以下の記事で紹介しているので、リバウンドしたくない&カッコよくなりたいあなたは是非チェックしてみましょう!

ちなみに女性はコチラがオススメです!

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

このブログを作ってる人紹介 このブログを作ってる人一覧

もうやん

もうやん

秋田県で生まれ育った26歳のもうやんです。
学生時代から自分の体型に悩み続け、様々なダイエット失敗経験を経て最終的に筋トレでダイエットに成功。
8年のストリートダンス経験を持ち、現在インストラクターっぽい活動をしながらウェブライターとして活動中。

コメント

コメントを残す

*