1. TOP
  2. ダンスしてる時の表情が硬い!暗い!どうしたら笑顔になるの?
Sponsored Link

ダンスしてる時の表情が硬い!暗い!どうしたら笑顔になるの?

 2016/10/23 ダンス上達のコツ
この記事は約 6 分で読めます。 4,820 Views

ダンス中の表情って意識していますか?

振り付けをなぞる事だけに意識を集中しすぎて、強張っていたり、睨んでいるようになっていませんか?

ダンスは体を操ることがメインとは言え、集中過ぎて怖い顔・・・と言うのもちょっと考え物ですよね…。

ちなみにもうやんは、基本的にはニヤニヤしてることが多いですがカメラを向けられると緊張して無表情になります(笑)

そこで今回はダンス中の表情について、もうやんの考えと、自然な笑顔を作る為のアドバイスをご紹介して行きます。

 

ダンス中の表情はどうしたらいい?

ダンス中の表情は笑顔が1番!と言うイメージが強いと思いますが、実際のところはどうでしょうか?

 

【Check:1】無表情でも違和感は無い

kazu001

バトルやショーで大活躍している先輩ダンサーの動画をチェックすると気が付くのですが、どのダンサーさんもゴリゴリの笑顔ではありませんよね?

常に眉間にシワを寄せているような難しい顔をしている人は少ないですが、無表情に近いタイプの人が多いように思います。

 

【Check:2】自然に動くのが1番

dance-430554_1280

動き1つ1つに意図的に表情を付けて、それをバチッ!とこなしていくことが出来れば最高ですが、そんなディズニーのパフォーマーみたいなことは難しいですよね。

そこまでしなくても、普通に踊るなら振りのニュアンスや曲調に合わせて自然と動くのが1番でしょう。

 

【Check:3】あからさまな作り笑顔は違和感大

freee151108528761_tp_v

これまで紹介して来たように、別にダンス中の表情は笑顔が1番という事ではありません。

それにベタッと貼り付けたような作り笑顔だと、ダンス以外の場面でも不自然ですし見ている側は違和感があります。

目が笑っていないので逆に見ていて怖いですしね(笑)

 

 

ダンス中に笑顔を作るコツ

笑顔が1番ではないとは言っても、やっぱり暗い表情の一辺倒じゃちょっと具合が良くないですよね?

そこで、自然な笑顔を生み出すためのコツを3つ紹介します。

 

【Point:1】振り付けを優先して覚える

dance-517682_1280

振り付けと同時進行で表情を付けていこうとすると、これが中々上手く行きません。

表情を作るのは顔の筋肉なので、そこに意識を割いてしまうと振り付けの覚えまで遅くなってしまいます。

なので、振り付けを優先して覚え固めてしまって、表情を意識する心の余裕を作るといいでしょう。

振り付けなどを覚えるコツをコチラの記事で特集しているので参考にどうぞ!

 

【Point:2】表情筋を動かす訓練をする

笑顔とは、表情筋が動き緊張することで作られます。

普段から意識して動かしていないと筋力はドンドン衰えていくので、笑顔はぎこちなくなりますし長続きしません。

自然な笑顔まで嘘っぽくなってしまっては表情どころでは無いので、普通の筋トレと同様に表情筋も少しずつトレーニングしましょう。

ちょっと滑稽ですけど、こうしたトレーニングをすると、普段どれだけ表情筋を使っていないことが実感できます。

 

【Point:3】視野を広げて周りを見る

表情筋だけで作る笑顔は実際のところ体力勝負です。

ですが、友達と冗談を言い合ってる時のような、気持ちから来る笑顔だと不思議と長続きしますよね?

そこでオススメなのが、隣で踊ってる仲間の顔を見たりお客さんを見たりなど視野を広げて、気持ちをリラックスさせること。

これはコンテストやショーなどでもよくありますし、見てる側としても楽しそうな雰囲気が伝わるのも+です。

 

 

技術が身に付けば心に余裕が持てる!

いくら表情を動くようにトレーニングしても、振り付けを覚えても、自分のダンスに自信がないと笑顔も不自然になり続きません。

安心して自然な笑顔を作るには技術のアップも大切!

という事で、ダンスのレベルアップに使える情報+記事を3つ後紹介します。

 

【Check:1】基礎トレーニングは欠かさず続けよう

ある程度踊れるようになると、スキルや振り付けの練習がメインになりがちで、徐々に基礎トレの時間が減ってきてしまいます。

技術の練習は、しっかりした基礎の土台があってこそ。

コチラの記事でダンスの基礎力+トレーニングを紹介しているので、上手くなる為の地盤を作りましょう。

 

【Check:2】ちょっと工夫したやり方で練習しよう

ダンスと言えば基本的には反復練習です。

でも、それだけでは中々ダンスに必要な力を付ける事は出来ないので、自分の付けたい力に合わせた練習をする事が必要です。

もうやんもやっている、ちょっと工夫を凝らしたダンス練習法を多数コチラの記事で紹介しています。

 

【Check:3】上手くなる為の根っこのお話

今までたくさんの初心者さんにダンスの基礎から教えてきましたが、その中には『上手くならないだろうな・・・』と感じてしまう人もいました。

どんな人がスムーズに上達して行けるのか、上手くならない人の特徴からヒントを得てみましょう!

 

顔とダンスを鍛えて自然な表情へ!

力が入ったり集中したりすると、ついつい眉間にシワを寄せた難しい顔をして踊ってしいまいがちです。

特に初心者さんになると、それに加えて鏡に映った足元ばかり見ているので伏し目がちになり正直怖いです(笑)

とは言え顔の筋肉は使ってないと動かなくなるので、少しずつトレーニングして、自然に動かせるようになるのがベストかなと思います

 

ダンスの技術やスキルをスイスイ吸収していくには、体の使い方を覚えることが最優先です。

思ったとおりに体を操ることが出来れば、スムーズに技術を吸収できて表情にも余裕が持てるようになります。

スクールでも教えてくれない内容なので、イマイチピンと来ない方も多いと思います。

以下の記事で体の使い方の大切さについて紹介しましたので、気になる方はチェックして見ましょう!

もうやんも最初は何のことかわかりませんでしたが、DVDで体の使い方を学びレベルアップできました。

以下の記事でオススメのダンスDVDを多数紹介しているので、興味のある方は是非チェックしてみましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
体のコンプレックスは自宅筋トレで解消!
筋トレを始めようといきなりジムに通うのはナンセンス!
プロの知識を借りれば体力に自身の無い初心者だって、自宅での自重トレーニングだけでここまで肉体改造できます!
筋トレ内容の詳細はコチラ

このブログを作ってる人紹介 このブログを作ってる人一覧

もうやん

もうやん

秋田県で生まれ育った26歳のもうやんです。
学生時代から自分の体型に悩み続け、様々なダイエット失敗経験を経て最終的に筋トレでダイエットに成功。
8年のストリートダンス経験を持ち、現在インストラクターっぽい活動をしながらウェブライターとして活動中。

コメントを残す

*