1. TOP
  2. ダンス上達の方法とコツをあらゆる角度からアドバイス!
Sponsored Link

ダンス上達の方法とコツをあらゆる角度からアドバイス!

 2016/07/08 ダンス上達のコツ
この記事は約 6 分で読めます。 2,887 Views

ダンス上達したって実感が中々掴めない…。

別にサボってるわけでも、やる気がないわけでもないのにどうして今私は足踏みしてるんだろう?

周りはドンドン上達していってるのに・・・。

特に壁にぶつかってる時なんかは、とにかくなにか上達のきっかけが欲しくてアドバイスを求めたくなりますよね。

今回は、ダンスの上達についての考え方や練習法まで様々なポイントを紹介していきます

 

マインドセット編

ダンスマインド上達1

聞き慣れない言葉かも知れませんが、マインドセットと言うのはカンタンに言えば「心構え」です。

「え~?いきなり精神論かよ~」と思ったかもしれませんが、上達する人としない人の1番の違いがこのマインドセットです。

例えば学校の勉強なんかが分かりやすい例ですね。

A君<「取り敢えず赤点回避!」

B君<「絶対○○大学に受かってやる!」

同じ学校で同じ授業を受けていても、設定した目標が違えば授業に向かう態度や、授業以外の勉強時間が当然違ってきますよね?

 

A君は取り敢えず勉強するけども、赤点で補習授業を受けない事が目標なので、突貫工事の間に合わせ。

B君は具体的な目標が定まっているので、授業を積極的に受け、家でも復習などに時間を費やします。

つまり、具体的に定まったビジョンはあなたに行動を起こさせるきっかけになり、練習の質がグッと上がります。

質の高い練習をするなら、ダンスのDVDをチェックするのがオススメです!

スクールでも受けられない丁寧な指導や上達のヒントを学べるので必見ですよ!

 

【Point:1】具体的な目標ビジョンを設定しよう!

前述したとおり、自分が設定した目標や理想とするビジョンはあなたに行動を起こさせます。

「運動不足解消」が目標ならそれ相応の、「ステージに立ちたい」が目標ならそれ相応の練習時間や量が必要です。

自分がダンスでどうなりたいのかがハッキリ決まると、自然とダンスに対するモチベーションも上がってきます。

 

【Point:2】目標となるチームorダンサーを探そう

「カッコいいって言われたい!」とか「教えられるようになりたい!」などの目標と一緒に、憧れのダンサーさんやチームがあると更にGood!

あなたには、憧れのダンサーさんはいますか?

こうした目に見える具体的な目標が決まれば、そこに近づくには何が足りないのかが見えてきますよ。

覚えなきゃいけない技やステップなど、目標達成の為にやるべきことを知ること。

 

 

ダンス練習編

練習への取り組み

ここからは、上達に欠かせない練習について。

ただ見てるだけでは絶対にダンスは上達しないので、どんな事に気を付けて練習をするのかをアドバイスさせて頂きます。

 

【Check:1】ダンスの基本はマネすること

ダンス練習の基本は、相手のマネをすることです。

覚えた技やステップを黙々と繰り返し練習すことも必要ですが、実は1番優先して身に付けたいのが体のコントロール。

目で見た動きをそのまんまマネしてるつもりでも、動画に撮ってみると全く違う事をやってたりするものです。

なのでダンサーさんをひたすらマネして、動画など撮影しながら体のコントロールを磨きましょう!

 

体のコントロールを磨けば短期間でダンスは上達します!その大切さが分かる記事はコチラ!

【Check:2】基本的な運動能力UPを目指そう

ダンスの基本は人のマネをすることですが、マネするのが不可能な場合が出てくることがあります。

それは、マネをする対象のダンサーさんとの間にある基本的な運動能力の差です。

スピーディ&ダイナミックな動きを生み出すには筋力が要るので、足りないとマネしきれません。

ダンスの技術はもちろんですが、練習の中に筋トレやストレッチを取り入れて運動能力そのものをアップさせることも、上達のコツです。

 

以下の記事でダンサー専用の体幹トレーニングを16種紹介していますので、参考にどうぞ!

【Check:3】十分な練習時間の確保しよう!

練習時間の確保1

ダンス動画を見たりも大切ですが、実際に体を動かさないとダンスは上達しません。

ダンスに限った話じゃありませんけど、練習時間が足りない=それだけ上達が遅くなります。

どのくらい必要なのかは明言出来ませんが、自覚があるなら練習時間を増やす工夫をしましょう。

特に初心者さんは、まずダンスに慣れることが必要ですし、それに加えてリズムやアイソレーションなどやることが山積みなので、更に時間が必要です。

 

ダンスに必要な練習時間についてはコチラの記事で特集しています。

【Check:4】短時間でも毎日体を動かそう

十分な練習時間を確保するのと並んで大切なのが「毎日体を動かす時間を作る事」です。

ダンス含めスポーツ全般は、練習~練習までのスパンが空いてしまうとアッと言う間にやった事を忘れてしまいます。

体が忘れないうちにドンドン練習を上塗りしていけば、覚えたことの定着も早いから次の練習にガンガン進めます。

 

【Check:5】自分に足りない力を見極めよう

弱点はどこ?

あなたは、自分のダンスの弱点やクセを把握してますか?

例えばもうやんのクセは疲れると足が止まることと、ステップがワンパターンになってくることです。

自分のクセや弱点をちゃんと理解していれば、その日の練習で何をするのか、その月の目標などを決めやすいので1日1日の練習が意味を持ちます。

体力なのか、キレなのか、動きの引き出しなのか。足りない要素を見つけ出して、それを補う練習をしましょう。

 

短期間で一気にレベルアップを目指すなら

昨日出来なかった技が今日出来るようになる。

自分の成長を実感するのはもちろん、周りから褒められたり目標を達成した時の楽しさは文字だけでは伝わらない物があります。

あなたが今ぶつかってる壁の先には、必ずもう1つ上の楽しさがあります。

 

ダンスのスキルが身に付くにつれて、基礎は疎かにされがちです。

基礎があってこそのダンスなので、ステップや振り付けよりも優先して練習するべきです!

ダンスの基礎力を高めるトレーニングについて、以下の記事で紹介しています。

一気に短期間で上達をするなら、ジャンル不問の裏技を学ぶのがオススメです。

ダンス専用の身体のコントロール術を練習すれば、ダンスは見違える程上達します。

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
体のコンプレックスは自宅筋トレで解消!
筋トレを始めようといきなりジムに通うのはナンセンス!
プロの知識を借りれば体力に自身の無い初心者だって、自宅での自重トレーニングだけでここまで肉体改造できます!
筋トレ内容の詳細はコチラ

このブログを作ってる人紹介 このブログを作ってる人一覧

もうやん

もうやん

秋田県で生まれ育った26歳のもうやんです。
学生時代から自分の体型に悩み続け、様々なダイエット失敗経験を経て最終的に筋トレでダイエットに成功。
8年のストリートダンス経験を持ち、現在インストラクターっぽい活動をしながらウェブライターとして活動中。

コメント

  1. 亮伍 より:

    初めまして、今年ダンスを始めた者です。
    僕はダンスを始めて半年ですが、なかなか上達しません。「リズム感がない」「テクニックがない」「リズムに乗れてない」が主な課題です。どのような練習方法、メニューが良いのですか?

    1. もうやん もうやん より:

      亮伍さん、コメントありがとうございます!

      リズムって大変ですよね~…。
      僕もすっごくニガテだったので苦労しました…今もですけど^^;

      リズムって、頭の理解と体の動きが連動するまで時間が掛かるので
      練習の間隔をなるべく空けずに、様々なパターンで染み込ませることが必要です。
      ノリに関しても、その過程で少しずつ培われて行きます。

      テクニックって、生み出す物ではなくて盗む物だと思うので
      「どうしたらいいいんだー!」って悩まずに
      ダンス動画を見て、上手い人をマネる中で少しずつ身に付いていきます!

      ステップや技って道具みたいなものなので
      使いこなしたり増やしたりする中で、
      新しい組み合わせや使い方が見つかってくると思います。

      いずれにせよ、まだ始めて半年なら悩むことないですよ!
      練習した時間は溜まっていくはずなので、
      マイペースに楽しんでやって行けばいいんじゃないかな?と思います。

      僕もまだ全然ですが、何かヒントになれば幸いです。
      楽しんでダンス練習して行きましょう!

      もうやん

  2. 亮伍 より:

    返信遅くなってしまい申し訳ありません。
    もうやんさんのお話を聞きまして、
    ①基礎的な筋肉をつけておく(腹筋や体幹など)
    ②リズム練習とアイソレーションは毎日する
    ことを決めました。
    僕の周りには経験者が多く、一日でも早くみんなと合わせられるようにしたいです。僕の場合は、みんなより努力が足りないものだと思います。
    とても嬉しいアドバイス、ありがとうございました。これからの練習に生かしたいです。

コメントを残す

*