1. TOP
  2. ストリートダンスの練習に筋トレは必要なのか?
Sponsored Link

ストリートダンスの練習に筋トレは必要なのか?

 2016/01/11 ダンス上達のコツ
この記事は約 6 分で読めます。 2,454 Views

ダンスに必要な筋肉はダンスで付ける!

ダンスに筋トレは必要か否かのお話をすると、多分この意見の人が多数派なんじゃないかなと思います。

しかしながら、逆に積極的に筋トレを取り入れているダンススクールも少数ながら存在していたりと、その人の考え方によって結構な幅があると思います。

今回は“ダンスの為に筋トレは必要か?”と言う内容で、もうやんの思うところその理由について詳しく解説していきます!

 

ダンサーに必要な基礎力&基礎トレーニングも忘れがちですが大切です!そんなあなたはコチラの記事がオススメ!

筋トレが必要な人/そうでない人

もうやんは筋トレ推奨
もうやんは基本的に“筋トレした方がいい”と思ってます。

どんな筋トレをすべきで、どこの筋肉を鍛えるべきかは後述しますが、やった方が上達は早まるし、色々なメリットがあります。

もうやんなりに「筋トレすべき人/筋トレしなくていい人」に分けてみたので、参考にどうぞ!

 

 

筋トレしなくてもいいと思う人

筋トレしなくてもいいタイプ

毎日ダンスの練習が出来るなら、冒頭に書いたような“ダンスに必要な筋肉は、ダンスで付ける!”を地で行けるので大丈夫かなと思います。

毎日練習できれば、その分ダンスの覚えも早くなるのでダンスに専念してレベルアップした方がいいです。

もっとキレが欲しいとか、動きを大きくしたいとかの目的が出てきて、筋トレが必要だと感じたらその時に取り入れるようにしましょう。

 

ダンスのキレとは何か?キレを身に付ける為の具体的な方法はコチラの記事で詳しく解説しています。

既に十分な運動経験&筋肉がある人

十分な経験のあるスポーツから、お引っ越しでダンスにやってきたあなたも筋トレはしなくても大丈夫です。

ダンス含め、スポーツに必要な筋肉ってのはある程度共通するところがあるので、必要と感じるまではダンスに専念してイイと思います。

今まで教えてきた中でも、スポーツ経験者は未経験者と比べて体の使い方を知ってる分覚えも早かったですからね。

 

 

筋トレした方がいいと思う人

筋トレした方がいいタイプ?

ダンスの練習時間が限られている人は、出来ればダンスと並行して筋トレもやった方がいいです。

週1程度しかダンスの練習が出来ないあなたは、筋トレをオススメします。ダンスに必要な筋肉はダンスで…と言っても、週に1回だけでは筋肉は絶対付きません。

ダンス含めスポーツはコツコツ続けるからこそ上達しますので、毎日練習出来ないのはそれだけで結構なマイナスです。

その為の補助として、筋トレを取り入れると練習と練習の合間で体が衰えることを防げます。

 

ダンスの上達に必要な練習時間と、その考え方についてはコチラの記事がオススメです!

初心者で且つ運動経験の浅い人

今まで本格的な運動経験が少なく、突然「ダンスをやりたい!」と目覚めたあなたは、筋トレをやるべきだと思います。

ダンスに必要な最低限の筋肉が無いと、中々覚えられなかったり、すぐ疲れてしまったり、ケガしやすかったりと不安な要素が多々あります。

それと、筋トレで”現状の筋力と体力の限界”を知っておくことも、上手くなっていく為には大切な事です。

 

ダンスの上達と運動神経の関係についてはコチラの記事をどうぞ!

ダンスの上達に必要な筋トレってなに?

それでは実際にあなたがダンスの練習と並行して筋トレをするとしたら、「どの部分を?」「どんな方法で?」鍛えたらいいのでしょうか?

 

【Step:1】やるべき筋トレとは?

マシンなの?自重なの?

ダンスの為にやるべき筋トレは自重トレーニング。

自重トレーニングの基本は、しっかり自分の足でバランスを保っていられる体を作る事です。

ダンスするのに自分の体を支えるだけの筋力が無かったらどうでしょう?これはダンス以前の問題ですよね?

そして、自重トレーニングは1度に様々な筋肉を使ってトレーニングするので、全身をバランスよく使う感覚も養うことが出来るので一石二鳥です!

 

【Step:2】鍛えるべきなのはどこ?

鍛えるのはここだ

ダンスに限らずの能力をアップさせるために鍛えるべき筋肉は、ご存じ“体幹”です。

体幹と言うのはそのまんま人間の胴体部分、特に「背/腹/尻」の筋肉を指し、スポーツに必要なありとあらゆる動作は、体幹の筋肉が可能にしているんです。

そして、体幹の中でも特に大切なのは腹筋。

どのスポーツもお腹に力が入っていないと、上半身と下半身がバラバラになり力強い動作が出来ません。

 

ダンサーが体幹を鍛えるメリットはコチラの記事を参考にどうぞ!

【Step:3】筋トレやってよかったこと

やっててよかったですか?

 

筋トレしたらこんなんなった!
①動きが大きくなった!

大きい動きをする為にはそれなりの筋肉&筋力が必要なので、当然のメリットです。出来なかったことが出来るようになるので、めっちゃ楽しくなりますよ。

②速い振りに対応できるようになった!

筋肉がつく=重くなって動きが鈍くなるってイメージがあると思うんですけど、いざ鍛えてみるとそんな事はなくて、むしろスピードUPになりました。

③疲れにくくなった!

無駄にエネルギーを使わなくても大きく動けるようになったからなのか、それとも筋トレで体力がついたのか、どちらか分からないけど疲れにくくなった!

④バランスが崩れてもフラ付かなくなった!

多少バランスが崩れてもリカバリーが出来るようになって、崩れた体勢でも動けるようになった!

⑤ケガしにくくなった!

今までは、筋肉がない中で大きい&速い動きをしていたのでケガが絶えませんでした。腰とか膝とかね…。

 

早速筋トレを取り入れてみよう!

筋トレ推奨派のもうやんは、練習の中に20~30分の筋トレを取り入れています。

特に20代~からダンスを始めたいと思ったなら、筋トレも並行した方が上達は早いなって思います。

取り入れ方は人それぞれですが、全ては長く楽しくダンスを楽しむためだと思って筋トレを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ダンサー向けの筋トレ16種をコチラの記事で紹介しているので、試しにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

これからダンスを始める&レベルアップを狙うならDVDを使ってみるのが効果的です。

以下の記事で、様々なダンスDVDを紹介しているので興味のある方は是非チェックしてみましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
体のコンプレックスは自宅筋トレで解消!
筋トレを始めようといきなりジムに通うのはナンセンス!
プロの知識を借りれば体力に自身の無い初心者だって、自宅での自重トレーニングだけでここまで肉体改造できます!
筋トレ内容の詳細はコチラ

このブログを作ってる人紹介 このブログを作ってる人一覧

もうやん

もうやん

秋田県で生まれ育った26歳のもうやんです。
学生時代から自分の体型に悩み続け、様々なダイエット失敗経験を経て最終的に筋トレでダイエットに成功。
8年のストリートダンス経験を持ち、現在インストラクターっぽい活動をしながらウェブライターとして活動中。

コメント

コメントを残す

*