1. TOP
  2. 【癖を恐れない!】ダンスの練習で付く[変な癖]のパターンと直し方について!
Sponsored Link

【癖を恐れない!】ダンスの練習で付く[変な癖]のパターンと直し方について!

 2016/12/15 ダンス上達のコツ
この記事は約 5 分で読めます。 2,414 Views

独学でダンスを始めたり、先生のいないところでダンスを練習すると「変な癖」が付くからやめたほうがいい!

って話を良く耳にしますが、実際のところはどうでしょう?

独学でダンスを始めてここまで続けている身としては、ちょっと色々と思うところがあります。

そこで今回はダンスの癖についての考え方と、直したほうがいいと思う癖×4と直し方を紹介します。

 

基本的には深く考えなくていいと思います

youth-570881_1280

まず、癖が付くのを極端に恐れる必要はないと思います。

ダンスは踊れるようになるまでかなりの練習時間が必要なのに、癖が付くからと練習しなければ、いつまで経っても上手くなれません。

目指すところがプロダンサーとかインストラクターなのであれば、多少は考えるべきなのかもしれませんが、趣味として踊ったり仲間と楽しむ分には深く考える必要はありません。

 

 

【悪い癖】と思われるもの×4

全体で踊る時に抑えられる「意識してコントロール出来る癖」であれば、もうやんは別に問題ないと思っています。

ただそれとは別に、分かっているけど直せない!どうしてもやってしまう癖であれば改善したほうがいいかと思います。

その例として、もうやんが思いつくものを4種類紹介します。

 

【Check:1】目線が落ちて前傾になっている

feet-349687_1280

鏡を使わないでダンスを始めた人に多くある癖だと思うのですが、ステップを覚える際に自分の足元を見て練習するのが染み付いてしまって、いざ踊ろうとすると目線のやり場が分からなくなってしまうのです。

鏡を使っていても、足元を見てダンスを覚える人はこの傾向があって、目線が落ちる⇒頭が落ちる⇒重心が前に移って前傾になる。

頭ってムチャクチャ重い上に体の一番上にありますからね、ちょっと動くだけで重心のバランスは大きく動きます。

これは練習方法というよりも慣れなので、まずは鏡で自分の全身を見ることから始めてみましょう。

特に初心者さんは、鏡を使わない練習で上達が遅くなることがあるので注意です!

 

【Check:2】胸が正面を向いたまま動かない

dancing-882940_1280

ちょっと文字にすると説明が難しいのですが、胸が常に鏡に対して正面を向いていて、踊っていてもそれが動かないパターン。

手足の動きってのは肩から腰に掛けての体幹部分の動きと連動しているので、胸が固まっていると手足の動きはバタバタとしていて幼い印象を持たせます。

手足に頼らず、体幹部分から力を出せるようになる事が必要なので、体の使い方を1から覚えることが必要です(後述)

 

【Check:3】リズムがドンドン早くなってくる

drummers-642540_1280

これは何を隠そう、もうやんも油断すると出る癖です…。

踊っていると徐々に気持ちがはやり、意識が「振り付け>リズム」になってきて、気が付いたらリズムがメッチャ早くなっているパターン。

この癖の改善方法として効果があったのは、極端にテンポの遅い曲を使って練習して、意識を「リズム>振り付け」にすることです。

テンポに余裕がありすぎると、曲を聞く&我慢することを体が覚えられるのでオススメです。

リズムに自信がない人用のトレーニングについて、以下の記事で紹介してみました。

 

【Check:4】リズムを振り付けに反映できない

dance-108915_1280

アップやダウン、その他ウォームアップ的な動きではリズムを取ることが出来るのに、それをステップや振り付けに中々生かせないパターン。

普段からリズムとステップを分けて練習してしまうと、中々2つが結びつかずリズムを刻んで動けなくなります。

リズム単体で取れるなら、後は研究&練習あるのみです。

今教えている子にも同じ癖を持つ子がいますが、リズムありきでステップや振り付けを覚え直して、1からカタチを体に染みこませる必要があります。

ステップや振り付けを覚えるには色々なコツがあります。

 

直そうとする意識が1番大切!

よく「独学でやると変な癖が付く」などと言われますが、ダンススクールに通っていようが何だろうが、自分で練習しない人は是対に上手くなれません。

大切なのは、自分で苦手なところをちゃんと把握して「直そう!」と努力する意識を持つことです。

誰かに教わっている時間より、自分で練習する時間の方が多くなるのは当然ですから、自分で勝手に練習しない方がいい!と言うような考え方はちょっと違うのではないかな?ともうやんは思います。

・・・出しゃばりましたね(;´∀`)

 

 

癖を直すには体を上手に使えるようになること!

今回紹介したダンスの癖を直す最も手っ取り早い方法は「体の使い方」を練習して、上手にコントロール出来るようになることです。

体の使い方って一口に言っても、これはダンススクールなどではまず教えてくれる内容ではないのでピンと来ない方も多いはず。

ダンスに限らず、全てのスポーツの上達のカギは体の使い方にあります!

 

体の使い方が苦手な人=ダンスが苦手。

このことについて以下の記事で特集したので、続けてチェックしてみましょう。

体の使い方はスクールでは学べない内容なので、DVDで練習するのがオススメです。

以下の記事で、ダンス専用の体の使い方や各ジャンルに特化したオススメのDVDを多数紹介しています。

たっぷり時間を使った丁寧な指導が受けられる方法は貴重なので、スムーズに上達したい方は是非チェックしましょう!

 

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

このブログを作ってる人紹介 このブログを作ってる人一覧

もうやん

もうやん

秋田県で生まれ育った26歳のもうやんです。
学生時代から自分の体型に悩み続け、様々なダイエット失敗経験を経て最終的に筋トレでダイエットに成功。
8年のストリートダンス経験を持ち、現在インストラクターっぽい活動をしながらウェブライターとして活動中。

コメントを残す

*