1. TOP
  2. 【踊れるのに踊れない?】ソロで即興ダンスを組み立てるコツとは?
Sponsored Link

【踊れるのに踊れない?】ソロで即興ダンスを組み立てるコツとは?

 2016/10/30 ダンス上達のコツ
この記事は約 7 分で読めます。 5,371 Views

振り付けを覚えるのはスッゴく得意なのに、1人の時に「踊って!」と言われると動けなくなってしまうんです・・・。

実はこの悩みを持っているダンサーさんて結構多いんです。

でもそれじゃあ、自由に自分のやりたいように踊れないってことだから100%ダンスを楽しめていないと思うのです。

音楽が流れたら何も考えずに体が自然に動く!やっぱりダンスするならココを目指したいですよね!

僕は多分ダンサーとしての育ちが特殊なせいか、むしろ振り付けを覚える方が苦手で、1人で踊る方がのびのび出来ます。

そこで今回は、即興でダンスを踊るのが苦手な人の傾向と、もうやんなりの練習のステップをご紹介していきます。

 

1人になると踊れなくなるのはなぜ?

cc0160123855_tp_v

そもそも、どうして振り付けは覚えられるしちゃんと踊れるのに、ソロで即興となると体が動かなくなってしまうのか?

もうやんなりに分析した答えをご紹介します。

 

【振りを覚える】と【その場で作る】は別物

そもそも、同じダンスでもこの2つは全く別物です。

覚えた振り付けを正確にこなそうとする事と、その場で考えながら動くのとでは頭の使い方が全く異なります。

全てがアドリブの即興ダンスは、ちょっとでも思考が止まれば手足は固まってしまうので、動き続ける為の動きの引き出しや発想が必要になるのでハードルが高いのです。

ちなみに振り付けの覚え方のコツに関しては、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

即興で踊る為の練習が必要

振り付けを正しく踊る練習だけでは即興で踊る力が付かないので、いざ1人で踊ろうとすると「どうしたらいいか分からない」と言う状況になってしまいます。

個人的な主観ですが、ダンススクールなどの振り付けを与えてくれる環境にいるダンサーに多い傾向だと思います。

「覚える」「作る」ではダンスの種類が違うので、即興で踊れるようになるためには、それ専用の練習が必要です。

例えばコチラで紹介している練習法をやってみたりして、様々な動きやパターンに触れたりが大切です。

 

より自由に自分の体をコントロールする力が必要

考えるよりも先に次から次へと一定のリズムで音楽は流れていくので、より高いレベルで自分の体をコントロールする力が求められます。

上手に体をコントロール出来ないと、自分でもどんな動きをしているのかが分からなくなって止まってしまったり、メチャクチャになったりしてしまいます。

『体の使い方』はあまり聞き慣れない言葉ですが、ダンスのみならずスポーツ全ての基本中の基本!

コチラの記事で詳しく解説しているので、合わせてチェックしてみましょう。

 

即興で踊る5つの練習ステップ

もうやんは未経験者で集まってダンスを始めました。

なので練習方法も知らなければ、振り付けを与えてくれる先生もいなく、即興で踊るのが日常だったので1人で考えて踊る力が身に付いたと思っています。

逆に振り付けを覚える行程は今でも苦手だったりします(笑)

 

即興で踊れるように練習しよう!

この動画は撮影の直前に曲だけ決めて、練習ナシ&振り付けナシの1発撮りで作成しました。

もうやん自身のダンサーとしてのスキルはまだまだ全然ですが、即興で踊る練習ばっかりしているので、このぐらいなら何も準備せずとも踊れるようになりました。

それでは、あなたがこのように即興で踊れるようになるにはどんな練習をしていけばいいのか、5つのステップに分けてご紹介します。

 

【Step:1】技&ステップの基本形を覚える

a0002_000178

まずは、即興でダンスする為の道具を作りましょう!

やりたいジャンルの技やステップの基本パターンを繰り返し練習して、体に覚えこませるところからスタートです。

基本のキレイな形を繰り返し繰り返し…ムダな力が一切抜けてリラックスして出来るまで練習しました。

※リズム等の基本的な部分は出来ている前提です…。

リズム感に自信なし…!そんなあなたはコチラを参考にどうぞ。

 

【Step:2】基本からはみ出したパターンを練習する

university-student-1714433_1280

キレイな形がしっかり体に染み付いたら、そこからはみ出して様々な工夫をしてバリエーションを生み出します。

リズムや角度、左右反転に高さなど、ほんの少しの工夫で全く見え方が変わってきます。

技のカタチを崩してはいけない決まりは無いので、発想次第で1つの技でいくつもバリエーションを作り出せます。

 

【Step:3】1つ1つを組み合わせてみる

puzzle-1721271_1280

基本形+様々なバリエーションが身に付いたら、即興で踊る為の材料はほとんど揃ったも同然ですが、まだパズルのピースが揃っただけなのでまだバラバラ。

なので、次はピース同士を組み合わせて「遊ぶ」練習。

単純な技同士の足し算をしたり、切り貼りしたり、ステップと同時進行させたりして自由に遊んでいきます。

 

【Step:4】カッコいいダンサーのパターンを盗む

freee151108569496_tp_v

ここまでの練習で、ある程度の動きの引き出しが作られて、考えながら動く頭のトレーニングも出来てきます。

しかし、これだけでは慣れるごとにワンパターン化されていきます。当時の僕も「お前のロックはいつも同じだな」と言われたことがあります(笑)

それを補うために今度は先輩ダンサーの動きを見て、カッコいい組み合わせをマネて新しい発想を取り入れましょう!

ダンスのスキルを吸収するのにオススメなのが、DVDを使ってヒントを得る事です。

以下の記事で、各ジャンルや初心者さんにオススメのDVDを多数紹介しているので、スムーズに上達して行きたい方は是非チェックしましょう!

 

【Step:5】スローなテンポの曲でじっくり馴染ませる

manhattan-1674404_1280

ここまで出来たらあとは練習あるのみ!

それらの様々な組み合わせを、余裕を持てるスローな曲を使って踊りながら体に馴染ませていきます。

最初は上手く噛み合わなかったり、ちょいちょい固まったりしてしまいますが、徐々にスムーズに繋がりはじめます。

遊びながらじっくり体に覚えさせていきましょう。

もうやんオススメの練習曲を30紹介しているので、よかったら見てあげてください(笑)

 

即興ダンスが出来るようになれば一気に上達する!

「ダンス見せて!」不意のリクエストに対応するなら、やっぱり即興で踊れる動きの引き出しや頭のトレーニングは必要ですよね。

振り付けの練習と違って、ソロで即興で踊る練習ってのびのび出来て楽しいですので、いつもと違った楽しみ方が出来るはず!

 

ダンスの上達に悩んでいるなら、ダンススクールでも教えてくれない基礎を学べるコチラがオススメです!

今あるダンス技術の底上げ+振り付けやスキルの吸収スピードが格段にアップします!

もうやんもお世話になっていますし、初心者さんの指導用としても重宝しています。

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

このブログを作ってる人紹介 このブログを作ってる人一覧

もうやん

もうやん

秋田県で生まれ育った26歳のもうやんです。
学生時代から自分の体型に悩み続け、様々なダイエット失敗経験を経て最終的に筋トレでダイエットに成功。
8年のストリートダンス経験を持ち、現在インストラクターっぽい活動をしながらウェブライターとして活動中。

コメントを残す

*