1. TOP
  2. ダンスで体幹トレーニングの効果を実感した8つのメリットとは
Sponsored Link

ダンスで体幹トレーニングの効果を実感した8つのメリットとは

 2016/01/20 ダンス上達のコツ
この記事は約 6 分で読めます。 10,137 Views

ここ数年で突然スポットを浴び始めた、この体幹トレーニングはダンスにも有効です!

サッカーの長友選手の本で一気に有名になりましたよね(笑)

実はもうやんも、通常の筋トレと合わせて体幹トレーニングを取り入れて、ダンスの上達に役立てています。

と言うことで、今回はダンサーが体幹トレーニングをする事によって得られるメリットを紹介したいと思います。

 

体幹トレーニング以外に、ボディコントロールや体の連動など、ダンス専用の筋トレ&基礎トレーニングをお探しならコチラがオススメです!

体幹ってどこの筋肉のこと?

体幹ってどこなん?
主にトップアスリートがパフォーマンスの向上のために取り入れているイメージがある“体幹トレーニング”。

すっごく効果が高そうに感じますけど、体のどこを”体幹”と呼ぶのかは知っていますか?

ハッキリした定義がないので教える人によって多少バラつきがありますが、基本的には手足以外の胴体部分、主に腹筋/背筋/臀筋をそう呼ぶと認識しておけば間違いありません。

体幹トレーニングも大切ですが、ダンスには様々な基礎力が必要です!コチラの記事も合わせてチェック!

 

ダンスにどんなメリットがあるの?

あなたが体幹トレーニングを取り入れることで、ダンスがどんな風に上達するのかを、具体的に8つご紹介します!

 

【point:1】ダンサーの持病:腰痛が軽減する

腰痛に体幹です

ダンサーの持病と言ってもいい腰痛は、使う筋肉のバランスが崩れてしまうのが原因の1つです。

もうやんも前は腰痛が酷くて、長時間座ってると脂汗が出てくるぐらい調子が悪かったんですよね(;・ω・)

長くダンスを楽しむには痛みやケガとの戦いと言われますが、体幹トレーニングでバランスを整えてあげる事で改善する事ができます。

 

【point:2】姿勢がキレイになる

美しい姿勢が

バッグをいつも片側に掛けていたり、立つ時に片足に体重を掛けて立っていたり、そういうクセが毎日積み重なると体は少しずつ歪んできます。

ただ真っ直ぐ立ってるつもりでもそれだけのズレがあるって事は、そのズレはダンスになるとより顕著に現れます。

体幹トレーニングはそんな体のズレを矯正する効果が見込めるので、バランスよく筋肉を使える体になり、姿勢を改善する事ができます。

 

【point:3】体力アップで長時間踊れるタフな体になる

体力上がります

筋肉の持久力がアップさせる事ができるので、疲れにくい体を作ることができます。

ダンスの消費エネルギーってかなり大きいので、練習時間が長くなればどんどんパフォーマンスが落ちてきます。

練習の効率はどんどん落ちてくるし、ケガのリスクも高まってしまうので、ダンサーにとっては由々しき事態です!

 

【point:4】バランスが良くなって安定感が増す

「同じ振り付けなはずなのに、踊る度にバラ付きが…」

と心当たりがあるのなら、体幹トレーニングで改善できる可能性があります。

普通の筋トレと違って、体幹を鍛えるトレーニングはバランスを取ったり体を支えたりするのが基本です。

なので自然とバランス感覚が鍛えられて、多少のことではグラ付かない安定した体を作ることが出来ます。

 

【point:5】空中の姿勢が安定する

空中ポーズ

例えばバレーボールのスパイクや、バスケットボールのシュートなんてのは分かりやすいですね!

空中でしっかり姿勢をキープするだけじゃなくて、体を反らして反動を作ったりと言った難しい動作を可能にするのも体幹の力!

空中でしっかり姿勢をキープできるようになるので、不安定な技もカッコよくキメる事が可能になります。

 

【point:6】体を大きく使えるようになる

ダイナミックだ

体を捻ったり、跳んだり、曲げたり、振ったり、反らしたりといったスポーツに必要な動作の土台になるのはぜーんぶ”体幹”です。

腕だけを強く振っても130kmのボールは投げられないし、足だけ強く振っても正確なシュートは蹴られないのと同じ!

全ての土台となる体幹を鍛えると手足も大きく動くようになるので、大きくダンスが踊れるようになります。

 

【point:7】キレのある動きができるようになる

キレをゲットしよう

ダンサーにとって嬉しい褒め言葉「キレがありますね!」も、体幹を鍛える事で得られる称号なのです。

大きくて素早い動きと安定感が備われば、ストップ&ゴーのメリハリある動きが出来るようになって“キレ”が手に入る!

体幹が弱いと大きさと力強さが出ないし、軸が安定しないので動きに振り回されてブレッブレになります。

ダンスのキレの出し方についてはコチラの記事も合わせてどうぞ!

【point:8】振り付けを覚えるのが早くなる

参考にするダンサーが大きく踊れば踊るほど、自分自身も大きく動かないと中々覚えられませんし、出来上がりも「これじゃない・・・」感が出ます。

体幹を鍛えると大きな動きが出来るって紹介しましたが、あなた自身の運動能力が高まる事で、より忠実にマネする事が出来るようになるのです。

振り付けの覚え方のポイント6つ!コチラの記事で特集していますので参考にどうぞ!

 

体幹トレーニングを始めよう!

体幹をトレーニングすると、自分のダンスがどのように上達していくのか、具体的にイメージが出来ましたでしょうか?

もうやんが実際に1番効果を感じているのが“体の安定感”です。

ターン、ジャンプ、複雑な動きにもフラつく事がなくなって、何というか”ドッシリ感”が生まれました(太ったわけではない)

 

道具を使わなくても出来るので、やりたいと思ったら早速行動!

それでは早速、コチラの記事でダンス用の体幹トレーニングを実践してみましょう!

これからダンスを始める&レベルアップを狙うならDVDを使ってみるのが効果的です。

以下の記事で、様々なダンスDVDを紹介しているので興味のある方は是非チェックしてみましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
体のコンプレックスは自宅筋トレで解消!
筋トレを始めようといきなりジムに通うのはナンセンス!
プロの知識を借りれば体力に自身の無い初心者だって、自宅での自重トレーニングだけでここまで肉体改造できます!
筋トレ内容の詳細はコチラ

このブログを作ってる人紹介 このブログを作ってる人一覧

もうやん

もうやん

秋田県で生まれ育った26歳のもうやんです。
学生時代から自分の体型に悩み続け、様々なダイエット失敗経験を経て最終的に筋トレでダイエットに成功。
8年のストリートダンス経験を持ち、現在インストラクターっぽい活動をしながらウェブライターとして活動中。

コメント

コメントを残す

*