1. TOP
  2. 【重心マスター】ダンスのスムーズな体重移動のコツは『腰と親指』にある!
Sponsored Link

【重心マスター】ダンスのスムーズな体重移動のコツは『腰と親指』にある!

ダンス上達のコツ
この記事は約 6 分で読めます。 847 Views

『もっと体重移動を意識して!』

スムーズな体重移動を身に付けて、自分の重心をキッチリとコントロール出来るようになると、動きから素人っぽさが抜けてきます。

ダンスに限らずスポーツ全般で言われることですけど、目に見えない物だからイマイチ理解しにくいですよね?

何を意識したらいいのか?どうやったら上手にコントロール出来るのか?これは中々詳しく解説されていません。

そこで今回は、重心が何を指すのか?スムーズな体重移動を可能にするためのコツをもうやんなりにまとめてみました。

※もうやんの個人的な見解が含まれていますので予めご了承を

 

重心ってどこで取っているの?

重心を作るのは、地面に設置している2本の足の『太股』です。

そのどちらの足に自分の体重が多く掛かっているのか?その割合を持って重心と言います。

つまり、両足に均等に体重が掛かっている画像①の重心は体の中央にあって、左足に体重が掛かっている画像②の重心は【3:7】で左寄りと言えます。

そして、この重心を自分で意識してコントロールする為に欠かせない要素が『スムーズな体重移動』なのです。

 

体重移動をマスターするとこうなる

体重移動がスムーズになると・・・?
・ドタバタ足音がしなくなる
・ムダな力が抜けて力みが消える
・素人丸出しのぎこちない動きがなくなる
・ステップの覚えが早くなる
・動きの連動がスムーズになる
・膝や腰への負担が軽減できる

などなど、要するに体重移動が上手に出来て重心をちゃんとコントロールできると『ダンスが上手くなる』ってことです。

逆を言えば、体重移動をマスターせずにダンスが上達する事はあり得ない!とも言えます。

 

体重移動のポイントは2つ!

重心を作るのは足ですが、そこだけ注目しても実は体重移動はスムーズに行きません。

体重移動に苦戦している人は、これから紹介する2つのポイントを意識すると、足が楽に動くようになると思います。

 

【Point:1】足からじゃなく腰から動かせ!

体重移動は足からではなく、両足がくっ付いている大本の腰から動かすように意識してみましょう。

重心を持っていきたい方に向かって、足より先に腰のアイソレーションから入るようにすると足も自然に付いてきます。

練習の際、参考にしている人や動画の腰に注目してマネするように心掛けてみましょう。

腰を含めたアイソレーションの練習法をコチラの記事でまとめて紹介しているのでチェックしてみましょう。

 

【Point:2】足の親指で床をキャッチ!

足下がしっかり固定できていないと、画像①のように体重移動の際足が床からはがれてしまいます。

こうなってしまうと、重心が固定できず体重移動しっぱなしになってしまいます。

ぬかるんだ地面で踊っているようなもので安定感に欠けます。

体重移動が素早く、スムーズになるにつれて足下の固定は絶対に不可欠なので、画像②のように足の親指でしっかりと床をキャッチしましょう。

*分かり易いように靴を脱いでしますが、履いていても中でしっかり親指でキャッチしましょう。

 

足指のトレーニング×2

足の指って意識して使うことってあまりないですよね?

その為、いざ使おうと思っても中々思ったように力が入らず体重移動を受け止めきれない事もしばしば・・・。

そこで、足の指を鍛える2つのトレーニングを紹介します。

今回紹介するのとは別に、ダンスに必要な体幹トレーニング×16をコチラの記事で紹介しているので合わせてどうぞ。

 

【Step:1】指先カーフレイズ

イスに軽く腰掛けて、膝の上に肘を乗せ軽く体重を掛けます。

この段階で指先にギュッと力を入れて踵を浮かし、画像①のようになります。

しっかり体重を乗せて爪先立ちになり、画像②まで持って行く。

上げられるところまで持ち上げたら、ゆっくり①まで戻るを繰り返す。

瞬発力アップやショック吸収に役立つふくらはぎも鍛えられるので一石二鳥!

 

【Step:2】スイング&ストップ

重心を真ん中、少し腰を落とし画像①のような体勢になります。

お腹に軽く力を入れて背中を丸めて、体を真横にスイングします。

足下が固定できていないと、指が床から離れてしまい体は流れて止まりません。

指先にしっかり力を入れて体を受け止め、画像②の体勢へ!

反対側も同様に、慣れてきたら勢いを付けてみましょう。

腹筋のトレーニングにもなるので、一石二鳥でオススメです。

 

大切なのは体のコントロール

重心を作る太股と、それを素早く動かすための腰のアイソレーション、そして体を流さないための足の指。

スムーズな体重移動を実現する為には、一度に体の様々な部分を上手にコントロールすることが必要になります。

この感覚を日頃の練習で養って、自由自在に自分の体のコントロールする事が出来るようになるとダンスの上達は加速します。

体の使い方について、コチラの記事で詳しく解説してみました。

 

体重移動はトレーニング

スムーズな体重移動をマスターして、重心を自分でしっかり意識してコントロール出来るようになることは、ダンス上達にとってとっても大事なポイント!

足だけで体重移動をすると体がブレてしまうので、紹介した腰と足の指を意識して使って操れるように練習しましょう。

ダンスの体重移動を始め、ダンサーとして必要な筋力やバランス感覚などを養える1日10分のトレーニングに興味はありませんか?

コチラの記事で詳しく紹介しているので、ダンスのレベルアップに興味のある方は是非チェックしてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

このブログを作ってる人紹介 このブログを作ってる人一覧

もうやん

もうやん

秋田県で生まれ育った26歳のもうやんです。
学生時代から自分の体型に悩み続け、様々なダイエット失敗経験を経て最終的に筋トレでダイエットに成功。
8年のストリートダンス経験を持ち、現在インストラクターっぽい活動をしながらウェブライターとして活動中。

コメントを残す

*