1. TOP
  2. ダンス上手くなるにはどのくらいの練習時間が必要なの?
Sponsored Link

ダンス上手くなるにはどのくらいの練習時間が必要なの?

 2016/01/13 ダンス初心者&始め方
この記事は約 6 分で読めます。 19,912 Views

上手くなるにはどれくらい練習したらいいんでしょうか?

誰もが気になることだと思いますし、実際ダンスを教えているとこれに近い質問は本当によく受けます。

もちろん上手くなるには練習は不可欠だし、それなりに時間が必要なのは言うまでもありません。

今回はダンスが上手くなる為に必要な練習時間の考え方と、もうやん自身の練習時間の例を紹介します。

 

練習時間と合わせて、ダンスの上達に必要な基本的な部分を確認しませんか?

もうやんが考えるダンスの基本7ヶ条をコチラにまとめました!

ダンスの練習時間について

もちろん練習あるのみ
ダンスの上達には練習あるのみ

ダンスは練習時間が多ければ多いほど上達しますし、特にダンスを始めたての頃は覚えることだらけで時間が必要です。

リズムに合わせて体を動かし体を慣らすことに始まり、リズムの種類やアイソレーションなどの基本、簡単なステップにやりたいジャンルの基本などなど・・・。

1つ1つ時間が掛かるので、とにかく体を動かす時間を確保する以外に上手くなる方法はありません。

中々上達しない。練習しても上手くならない。そんなあなたは、○○の使い方について学ぶのが近道です。

 

短時間でも毎日コツコツ

毎日を積み重ねる

いくらたっぷり時間を掛けて練習しても、それが週1回だけならほとんど意味はありません。

「1日休むと取り返すまでに3日掛かる」と言うように、間を空けると体が感覚を忘れてしまうので、次の練習は思い出す作業から始めなくてはいけません。

1日の練習が10~20分ぐらいしか取れなくても、とにかく毎日コツコツと積み重ねた方が早く覚えられます。

練習場所を限定せずに、思い出したときに体を動かす意識を持つ事がとっても大切です。

質の高い練習をコツコツ積み重ねるなら、ダンスのDVDを使ってみるのもオススメ!

 

もうやんのダンス練習時間

もうやんの1週間
もうやんは月曜と木曜がダンスの練習日となってます。

8:30~12:00の3時間半で【ストレッチ⇒リズムトレーニング⇒アイソレーション⇒筋トレ⇒振り付け&指導⇒フリー】の流れを一通りこなします。

メインの練習はこの週にこの2日間で、合計7時間です。

この時点で週1のダンススクールだけの人と比べて4倍近く練習時間を確保できています(笑)

もちろんこれだけじゃなく、これから紹介する工夫をしながら更に倍近い練習時間を確保しています。

それ以外の練習は、コチラで紹介しているダンサー専用トレーニングを参考にしています。

 

練習時間を確保するコツ

場所は関係ありません
前述したメインの練習に加えて、もうやんが日常生活でやっている練習方法と工夫について紹介します。

ダンスは実際に体を動かさない限り決して上達はしませんが、以下の工夫は練習に必ずいい影響をもたらします。

 

【Point:1】音楽聴きながらイメージトレーニング

dance-108915_1280

通勤中にイヤホンで音楽を聴いたり、お店で流れてくる有線など、とにかく音楽が聞こえてきたら頭の中でイメージトレーニングをします。

体を動かさない限り上達はしないと前述しましたが、覚えた振り付けを確認したり、または作ったりなどは十分頭の中でも出来ます。

振り付けの作り方について気になった方は、以下の記事もオススメです。

 

【Point:2】暇さえあれば体を動かす

体を動かさない時間が長くなれば、せっかく覚えたリズムも振り付けもドンドン体から抜け落ちてしまうので、暇を見つけたら体を動かすクセを付けるのも中々オススメです。

お店やトイレの鏡など自分を映すものを発見したら、取り合えず体を動かして覚えた動作をチェックする。

周りから変人と思われない程度にやってみましょう。

ダンスに必要な基礎を磨くトレーニングについて以下の記事で紹介しているので、活用してダンサーとしての土台を作りましょう!

 

【Point:3】ダンス動画から技を盗む

freee151108569496_tp_v

動画サイトにはレベルの高いダンス動画がゴロゴロ転がっているので、コレを練習に活用しない手はありません。

通勤電車の中や仕事の休憩などで動画をチェックして、自分には無い発想の振り付けや技の組み合わせを見つけ、次の練習までに出来るようにしておきます。

色々なダンサーさんの動きを分析してモノにしていくことで、ダンスの幅はドンドン広がっていきます。

目で見た動きを自分の体で再現するには「体の使い方」を学ぶことが大切!上達を加速させるその効果は以下の記事をどうぞ。

 

【Point:4】自分のダンスを動画に撮る

体を動かす練習が出来る日に自分のダンス動画を撮影しておいて、時間がある時に繰り返しチェックするのオススメです。

実際に体を動かしている時には分からない、自分の弱点やクセなどを発見できることがあるので、次の練習に生かせます。

練習をする上で付きやすいダンスのクセについては、コチラの記事を参考にどうぞ!

 

短時間の練習でも一気に上達する方法があります

ダンスを上達させるためには練習あるのみ!

体の感覚ってのは繊細なものなので、短時間でもいいからとにかく毎日練習することが近道になります。

ちょっとずつでも積み重ねて確実に進歩していけば、ダンスの本当の楽しさに気が付けるはずです。

 

もうやん自身のレベルアップだけじゃなく、初心者さんの指導にも活用している練習法を以下の記事で紹介しています。

誰でも理解できる方法で、しかもダンススクールでは教えてくれないダンス上達に必要なポイントをガッツリ学べるので重宝しています。

ガンガン上達していきたい人はチェックして見ましょう↓↓

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
体のコンプレックスは自宅筋トレで解消!
筋トレを始めようといきなりジムに通うのはナンセンス!
プロの知識を借りれば体力に自身の無い初心者だって、自宅での自重トレーニングだけでここまで肉体改造できます!
筋トレ内容の詳細はコチラ

このブログを作ってる人紹介 このブログを作ってる人一覧

もうやん

もうやん

秋田県で生まれ育った26歳のもうやんです。
学生時代から自分の体型に悩み続け、様々なダイエット失敗経験を経て最終的に筋トレでダイエットに成功。
8年のストリートダンス経験を持ち、現在インストラクターっぽい活動をしながらウェブライターとして活動中。

コメント

コメントを残す

*