1. TOP
  2. 筋トレの効果は朝と夜で違う?~ダイエットか効率重視か~
Sponsored Link

筋トレの効果は朝と夜で違う?~ダイエットか効率重視か~

 2016/07/14 筋トレ
この記事は約 8 分で読めます。 6,044 Views

筋トレって朝と夜、どっちでやるのがいいのかな?

もし効果的な時間があるなら、時間帯で効果が違ってくるなら耳に入れておきたいですよね。

ただ、前提として筋トレは続けることが正義なので、今のあなたが無理なく続けられるスケジュールで実践していけることがベストだと言えます。

その事を踏まえた上で、朝の筋トレと夜の筋トレのメリットと注意点を紹介していきます!

 

朝の筋トレはココがスゴい

朝には朝の利点

【Point:1】1日中代謝の高い状態で過ごせる

人間の代謝は体温の上昇と共に上がっていきます。

起床してから徐々に上がり始め、夕方ぐらいをピークに就寝時間に向かうに連れて下降します。

朝に筋トレをすることで体温も上がるので、1日中代謝の高い状態で過ごすことが出来ます。

代謝の高い時間帯が伸びるので、その分多くのカロリーを消費できるのです。

 

【Point:2】仕事や勉強への集中力・やる気が高まる

仕事や勉強へも朝

疲れて仕事や勉強に支障が出るようなイメージがあると思うのですが、実はちょっと違います。

汗流すとやっぱりスッキリしますし、血行が良くなって体温が上がると頭もシャキッとしますので、ボーッとしがちな朝からエンジン全開で動けます!

そして、筋トレによって分泌されるテストステロンと言うホルモンには、物事に向かう集中力や決断力を高める効果がありますので、本業に支障を出すどころか、むしろ効率アップを狙えます。

テストステロンの効果はスゴイ!コチラの記事を読めばモチベーションアップ間違い無し!

 

【Point:3】夜の筋トレと比べて習慣化しやすい

夜の筋トレは、突然の断れない誘いや残業などのせいで帰宅の時間を一定にしにくく続けにくいです。

お酒を飲んで帰ってきたら筋トレ出来ないですし、深夜の帰宅になれば眠くて筋トレどころじゃなくなってしまいます。

それが続けば、モチベーションが落ちてサボり癖が付き、筋トレをやめてしまう原因になりかねません。

朝の筋トレなら、そんな都合によってスタート時間ややる気が左右されにくいので習慣化しやすいのがメリットです

 

【Point:4】午前中はテストステロン値が高い

男性ホルモン『テストステロン』の値は午前中にピークを迎えて下降していきます。

朝の筋トレは、高いテストステロンの値を十分に生かしたトレーニングが出来るので自然と効率がアップします。

 

【Point:5】人間関係を円滑化できる

友人との付き合いや恋人とのデートなど、1日の用事は大体が夕方~夜に集中します。

筋トレを続けることはもちろん大切だけど、そうしたイベントごとを犠牲にしながらやるのは気が引けますよね。

午前中に筋トレを済ませてしまえば、筋トレを休む罪悪感なく付き合いに時間を割くことが出来ます。

 

 

朝の筋トレはココに注意しよう!

【注意ポイント:1】十分にストレッチして怪我予防

ケガ予防は入念に

寝起きは筋肉や関節が固まっていて、いきなり高負荷の筋トレをすると怪我に繋がる恐れがあります。

筋トレの基本は続けることなので、ケガをしてしまったらその時点で終了です。

朝の筋トレをする時は必ず十分なストレッチをして、体をほぐしてから実践するようにしましょう。

 

【注意ポイント:2】筋トレのエネルギーを補給してから

エネルギー切れの状態で筋トレしても力が出ない上に、筋肉が分解されてしまうので空腹は特に厳禁!

起床1~2時間後など、余裕を持って筋トレするなら普通の朝食でもOKですが、もっと早く筋トレするなら吸収の良い物を。

個人的には、バナナ+コーヒー+HMBサプリを飲んでゆっくり体を起こしてからトレーニングするのがオススメ。

 

夜は筋トレは効率的?

夜トレには夜トレの

【Point:1】ベストタイミングは16~18時

筋トレにもいわゆる「ゴールデンタイム」なるものが存在します。

その人の生活リズムによって多少の前後はありますけども、この時間は大体16~18時と言われています。

・・・と言っても、これじゃ休日しか筋トレ出来ませんね(笑)

狙って出来るならこの時間でやるのがオススメですが、現実的に考えたら20~21時ぐらいがいいタイミングでしょう。

 

【Point:2】既に体が温まっている

夕方は活動モード

人間の体温は夕~夜が1番高く運動に適しています。

朝の場合はしっかりストレッチで体をほぐして、あっためての手間がありましたが夜ならショートカット可能です。

時間に余裕があるなら筋トレの前に5~10分ほどジョギングして、軽く汗ばむぐらい体温を上げてあげると更に効果大です。

 

【Point:3】エネルギー十分な状態でスタートできる

筋トレには空腹でも満腹でもない状態がベストです。

その点で言えば、夜からの筋トレだったら朝~夕でコンディションを整える事ができるのでいい状態で筋トレできます。

昼食or夕食でしっかり糖質とタンパク質を補給しておけば、高い負荷の筋トレも出来るしホルモン分泌も活発になります。

 

【Point:4】強度の高いトレーニングが出来る

夜は朝と比べると運動の為のコンディションが整え易いので、より強度の高いトレーニングをする事が出来ます。

筋トレの目的は筋肉を疲労させることなので、より成長を期待した質の高いトレーニングが可能です。

 

 

夜の筋トレ注意ポイント

体のコンディションは整え易いし、体も十分に動きますので効率を重視した筋トレには効果的です!

有意義な筋トレにするために以下の点に注意しましょう。

 

【注意ポイント:1】食事するなら時間を空けて

食事⇒筋トレと移行する場合は、時間に注意。

食べ物を消化するために内臓に血液が集中しているので、そこに筋トレをすると消化が疎かになって消化不良になります。

筋トレ前に空腹感があるならプロテインやゼリーなどの軽い物で、ちゃんと食事を摂ってからにするならば2時間程度の食休みが絶対必要です

 

【注意ポイント:2】寝る直前・ド深夜は避けましょう

お休みモードへ

人間の体温は起床と共にゆっくり上昇していって、夕方あたりをピークに就寝時間に向けて下降していく。

要するに寝る前だったり深夜だったりは、体が【お休みモード】へ移行して行ってるんです。

体のスイッチはオフだから上手く体は動かないし、目が冴えてしまって寝付きが悪くなるので睡眠の質が下がります。

そして最近話題になったのですが、深夜(0時以降)の筋トレはコルチゾルと言う脂肪を増やすホルモンが日中の6倍分泌されるそうです。

なるべくなら深夜の筋トレは避けるべきでしょう。

 

【注意ポイント:3】筋トレの疲れを翌日に持ち越さないケアを

前述の通り、夜は強度の高いトレーニングを実践することが出来ます。

しかし、強度を求めるほど疲労は溜まり易く、翌日のだるさや眠気になって現れます。

ストレッチや睡眠、栄養をしっかり摂って筋肉の回復に努めましょう。

 

ベースになる食生活の改善もお忘れなく

どの時間帯に筋トレをするにしても、食生活も正しくしなければ効果は遠のきます。

折角筋トレをするなら、やっぱりイイ体を目指して食生活も改善して筋トレの効果をアップさせましょう。

筋トレの食事方法について、初心者さん向けに以下の記事で解説してみましたので参考にどうぞ。

 

朝も夜も効率を上げるならHMBがオススメ

筋肉に必要な栄養を摂取する事は、筋トレのもっとも大切なポイントです。

その代表的なサプリと言えばプロテインですが、最近はそれよりもHMBの方が効果的なのでオススメです!

HMBサプリの詳しい効果と、マッチョ系芸能人のオススメHMBは以下の記事で紹介しています。

¥500から使い始められるので、効率アップを狙うならチェックしてみましょう!

 

効率を重視しながらムリのないスケジュールで!

朝の筋トレは、1日中代謝を高くキープできてダイエットに効果的です。

一方夜の筋トレは、エネルギーも十分にあるので、高負荷のメニューをこなせる為効率がイイ。

続けられる時間にやるのがベストとは言え、是非活用したいところですね!

 

筋トレは時間帯も大切ですが、ベースになるのはそのやり方と内容です。

自己流の筋トレはではその部分が不安なので、効果を求めるならプロの知識を借りるのが確実&近道です。

もうやんは自己流で失敗を繰り返し、プロの筋トレを参考にして今の体型になったので身を持って言えます。

実際のビフォーアフターと筋トレの内容の詳細は、以下の記事で紹介しています。

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
体のコンプレックスは自宅筋トレで解消!
筋トレを始めようといきなりジムに通うのはナンセンス!
プロの知識を借りれば体力に自身の無い初心者だって、自宅での自重トレーニングだけでここまで肉体改造できます!
筋トレ内容の詳細はコチラ

このブログを作ってる人紹介 このブログを作ってる人一覧

もうやん

もうやん

秋田県で生まれ育った26歳のもうやんです。
学生時代から自分の体型に悩み続け、様々なダイエット失敗経験を経て最終的に筋トレでダイエットに成功。
8年のストリートダンス経験を持ち、現在インストラクターっぽい活動をしながらウェブライターとして活動中。

コメントを残す

*