1. TOP
  2. ダンス初心者&始め方
  3. ダンス初心者が独学で始める方法を経験者が0からレクチャー!

ダンス初心者が独学で始める方法を経験者が0からレクチャー!

 2016/07/01 ダンス初心者&始め方
この記事は約 7 分で読めます。 217,073 Views

初心者だけど、独学でダンスやるにはどうしたら?

近場に行きたいダンススクールがなかったり、通いにくいならば独学で始めるのも全然ありです。

もうやんは地元が田舎で、ダンススクールもほとんど無かったので独学で始めました。

その経験を生かして、ダンス初心者のあなたが独学でダンスを始める為の方法をバリッと解説していきます!

 

ダンスを始めるに当たって、色々と不安な部分がある方は以下の記事を読んでモヤモヤを解消しましょう!

挑戦するダンスのジャンルはどうしたらいいの?

どのダンスにする1
ダンスに興味を持ったという事は、もう既にやってみたいダンスの種類はボンヤリとでも決まっているのでしょうか?

これはスポーツで言うところのポジション決めみたいなものですから、焦って決めなくても大丈夫です。

 

【Point:1】あなたが『カッコいい!』と思ったものを選ぼう

ダンス始めようと思った時点で、やってみたいダンスの種類についてはもういくつか候補があると思います。

「初心者にオススメのジャンルはなんですか?」って質問を受ける事があるんですけど、正直言うとシランガナって感じです(笑)

あなた自身がカッコいいと思わないとやってても楽しくありませんから、素直にチョイスすればOKです。

ストリートダンスの種類について、以下の記事で各種紹介しています。

 

【Point:2】上達していくに連れて、自然と幅は広がっていく

1つのジャンルをある程度突き詰めていくと、自然と別のジャンルにも興味を持ち始めるものです。

もうやんも今ロックがメインですが、ビバップやポッピンにも手を出したりしてます。

今やりたいジャンルが複数あるから迷ってるなら、まず1つに絞りましょう 。

 

ダンスの練習場所はどうしたらいいの?

練習場所は取り敢えず自宅で十分足ります。

「やるぞッ!」と思った時にすぐ練習できるし、パソコンあればダンス動画やDVDを見ながら練習できます。

誰にも見られずに練習できるので、ぎこちなくダンスしている所を見られないのも助かります。

上手くなる為には練習時間はもちろん、それ以上にコツコツ続けるのが重要で、自宅ならそれもクリア可能です。

 

ダンスの練習着はどうしたらいいの?

何を着て練習しよう1

【Point:3】カッコいい練習着を選ぶことは意外と重要です

自宅なら、普通のジャージでいいんじゃない?と思うかもしれませんが、ダンスにおいてカタチから入るのは重要なので、服装には気を使いましょう。

カッコいい練習着だと練習にも気合が入りますし、動きのシルエットもカッコよくなります。

練習着の探し方や参考について、以下の記事でカンタンに紹介してみました。

 

【Point:4】取り合えず最初はスニーカーを用意しておこう

ダンサーの足元はメッチャ重要です!

ジャンルによっては専用の靴があったりしますけども、一先ずスポーツメーカーのスニーカーでOKだと思います。

靴底が柔らかかったり、極端に滑る靴を使うとケガの元です。

もうやんが使っている練習靴を以下の記事で紹介しています。

 

どんな練習をしたら良いの?

なに練習したらいい1

【Point:5】最初はじっくり地道に基礎トレーニング

まず最初に取り掛かるべきなのは、リズムやアイソレーションなどの基礎トレーニング。

基礎の土台が無いとスキルは積み上がって行かないので、最初のうちにしっかり身に付けるのが近道。

すっ飛ばしてスキルを覚えても見た目のぎこちなさが勝ってしまい、結局基礎からのやり直しになってしまいます。

ダンスに必要な基礎力&基礎トレーニングについて以下の記事にまとめてみましたので、スタートの参考にどうぞ!

 

【Point:6】しなやかに体をコントロールする”体の使い方”を意識しよう

ダンスの基礎の1番根っこにある力は、自分の体を上手にコントロールする力です。

思ったとおりに体が動かせない⇒覚えの悪さ、動きのぎこちなさになってしまい、上達が遠回りになってしまいます。

分かっているのに体が付いてこない・・・、これが改善出来ればダンスが一気に楽しくなります。

ちょっと聞き慣れない“体の使い方”の大切さについて、以下にまとめました!

これを理解すれば、運動音痴だろうが関係なくスムーズにスキルを吸収することが出来ます。

 

【Point:7】技やステップなどの技術練習は基礎が固まってから

すぐにでも技やステップを覚えたい気持ちは分かりますがまずはダンスに慣れる事から!

技やステップ、もちろん振り付けもリズムに乗せて成立するので、しっかり体を慣らしてから始めるようにしましょう。

動画サイトを使えば、やりたいジャンルの動画はいくらでも見つかるはずなので、焦らずじっくりいきましょう。

 

【Point:8】人や動画を常に参考に、1人だけの世界で練習しない

自分1人の頭の中で練習せず、常に参考にする動画やDVDを手元に置いて練習しましょう。

ダンスの基本は相手のマネなので、手本がないと間違って覚えてしまったり、出来てるつもりになってしまうことが多々あります。

1人で黙々と・・・もいいですが、冷静に参考動画をチェックする時間も持つようにしましょう。

参考動画がある前提で、練習の際に気をつけたい基本部分をまとめてみました!

 

【Point:9】鏡や動画で自分の動きを常にチェックしよう

自分がどんな動きをしているのか、確認せずに練習を進めることは避けましょう。

基本的に鏡の前で、ない場合は自分の動画を撮影するなどして常に自分の動きをチェックするようにしましょう。

変なクセが付いてしまうこともあるし、出来ている・出来てないの判断が付かないので練習の効果が薄れます。

独学でダンスを練習する際に気を付けたい、面倒なクセについて以下の記事にまとめました!

 

独学だからこそ練習の質を高めよう!

自分のペースで練習できるのが独学のメリットですが、自分で練習を考えなければいけない分、上達に時間が掛かるのがデメリットと言えます。

練習しても上手くならない!とモチベーションを落とさない為には、ダンスにとって1番大切な基礎を学ぶことをオススメします。

 

独学でのダンスは自由度が高い反面、挫折する人が多いのがネックです。

そうならない為に、僕が初心者さんに指導する際に参考にしている練習法を以下の記事で紹介しています。

折角ダンスを始めるなら踊れるようになりたい!そんな方は必見ですよ!

誰にでも分かる言葉、やり方で指導してくれるので誰でもしっかり基礎を固めていくことが出来ます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
管理人が現在ハマってる楽トレアイテム!
最近注目が高まっているトレーニンググッズ【加圧シャツ】はもう試しましたか?
始めは疑っていたんですけど"姿勢矯正"や"筋トレのフォーム維持"など、意外にメリットが多くてビックリしてます!
既に筋トレを頑張ってる方はもちろん、あまり時間が取れない方にもオススメですよ♪
加圧シャツの効果と使い方はコチラ!