1. TOP
  2. ダンス初心者&始め方
  3. 【学生はチャンス!】ダンスを部活やサークルで始める8つのスゴいメリット!

【学生はチャンス!】ダンスを部活やサークルで始める8つのスゴいメリット!

 2017/10/23 ダンス初心者&始め方
この記事は約 7 分で読めます。 2,001 Views

ダンスの始め方は色々・・・。

ダンススクールや独学、スポーツジムのプログラムやDVDなど様々ですが、学生だけに与えられた特権が”部活&サークル”!

踏み込むのにちょっと勇気が要りますが、実はダンスを始める方法として部活&サークルはメリット満載なんです!

始め方が難しいダンスにおいて、スンナリ入りやすいのも魅力的。

そこで今回は、学生さんがダンスを始める方法として部活やサークルを選ぶメリットを8つ紹介して行きます。

 

部活とサークルでダンスを始める8つのメリット

【Point:1】自分以外にも初心者がいっぱい!

例えばダンススクールの場合、それまでレッスンを受けていた生徒さん達の中にいきなり飛び込んでいく形になります。

そんなの気にしない!ハートの強い方じゃない限り、やっぱりどこかに恥ずかしさや遠慮が生まれてしまいます。

そもそも飛び込む勇気も結構必要なんですけど、部活やサークルの場合は同じタイミングでダンスに初挑戦する人が複数いるので、その点の安心感があります。

 

【Point:2】同年代のダンス仲間がカンタンに作れる!

大人になってからダンスを始めようと思ったら、コチラから積極的にコミュニケーションを取りに行かないと、中々ダンス仲間と言う関係性は作れません。

部活やサークルなら入部してしまえば仲間が出来るし、年齢も同じだから教え合ったりして練習も楽しく進められます。

モチベーションの維持もカンタンなので、上手くならなくて諦める・・・そんな最悪の事態も予防できます。

 

【Point:3】気軽に質問やアドバイスを求められる!

踊れるようになるまで、ダンスの道は中々険しい・・・。

基礎からややこしい上に、スキル1つ1つも複雑になってくるので、すんなり進まないことや壁にぶつかってしまうことも必ず出てきます。

独学では頼れる人がいないし、インストラクターさんは正直聞き難い・・・、でも友人だったら気兼ねなく聞ける!

上手くならないストレスを乗り越えやすいのは安心です!

 

【Point:4】ステージに立てるチャンスが多くて人気者に!

部活紹介や学園祭、新歓などなど・・・学生が学生に向けてダンスを見せられるチャンスは幅広い!

ダンス踊れる=カッコいいのイメージはセットなので、ダンスを経て人気者になれて、学生生活が更に楽しくなるかも知れません。

独学やダンススクールでも不可能じゃないけど、ここの行き着くまでの道のりは中々容易じゃない(経験済み)ので羨ましい…。

 

【Point:5】練習場所と練習時間の両方が確保しやすい!

ダンスの練習で意外と困るのが、場所と時間の確保です。

スクールは基本週1だし、自宅では思いっきり体の動かすのは難しい・・・、必然的に内容の濃い練習時間は少なくなります。

部活やサークルであれば、練習時間や場所もコンスタントに確保出来るので、衰える前に練習を積み重ねられます。

上達に必要な練習時間の考え方について、以下の記事で紹介しているので目を通してみましょう!

 

【Point:6】寂しくないからモチベーションが落ちない!

ダンスに限らず、気持ちが折れてしまったらもう終わりです。

独学やスクールの場合、コミュニケーションが取りにくい環境のせいでモチベーションが維持しにくいのがネックです。

結果として、誰にも知られることなくヒッソリと諦めてしまう人が多いのですが、仲間がいればそれも心配なし!

練習を続けていけば上達も見えてくるので、孤独を感じにくい環境はダンスにとって超有利です。

 

【Point:7】競って練習できる環境で上手くなれる!

一緒に競って練習できる仲間がいると上達も早くなります。

『負けたくない!』とか『置いていかれたくない!』などの気持ちは、練習を頑張るための大きな原動力になります。

1人で練習していると、モチベーションの低下と一緒に練習もおろそかになって、そのままフェードアウトなんてこともあります。

自分を奮起させられる環境は、上達に欠かせません!

 

【Point:8】大人になるとダンスを始めるチャンスは減る!

部活やサークルは学生だけの特権なので、学校を卒業してしまうと相対的にダンスを始める為のチャンスは減ってしまいます。

今僕は26~34歳の大人世代にダンスを教えていますが、大人になってからダンスを始めることは中々容易ではありません。

やるなら特権を使って、今のうちが最速&最善です!

ダンススクールがあるじゃん!・・・と思うかも知れませんが、未経験から始めるならあまりオススメは出来ない理由があります。

 

初心者さんに役立つスムーズに上達する為の練習法

思い切ってダンスを始めたけど、中々上手くなれない日々が続けば中々モチベーションのキープも難しくなってしまいます。

ちゃんと練習に付いて行く、むしろ差を付ける為に役立つ記事を3つ紹介していきます。

 

【Check:1】体幹を鍛えるダンサー向けのトレーニング

ダンスの練習に筋トレは必要かどうかは意見が分かれるところですが、バランス感覚や姿勢の安定、動きのキレのアップを狙う上で筋トレを取り入れることは有意義だと思います。

基本的に反復練習に終始しがちなダンスの練習において、気分転換的な意味合いも込めて、やってみましょう!

以下の記事で、ダンスのパフォーマンスアップを期待できる体幹トレーニングを多数紹介しているので取り入れてみましょう。

 

【Check:2】上達が遅い・・・と感じたら確認したい基本

ちゃんと基礎を身に付けて、時間も取って練習しているはずなのに上手くならない・・・そんな壁は誰にでも訪れます。

そんな時は闇雲に練習するのではなくて、ちょっと目線を変えてヒントや気付きを得ることも大切です。

ちょっとしたきっかけで、ダンスの欠点が見えてくるかも!

以下の記事で紹介している、基礎を踏まえた上で確認したい”ダンスの基本”をチェックして自分のダンスを見直しましょう!

 

【Check:3】自宅でも出来るダンス基礎トレ

ダンスの上手さや上達の早さ、スキルを覚えるスピードを左右するのは結局のところ”ダンスの基礎力”です。

ただ単にリズムやアイソレが出来るようになった・・・だけじゃ足りないもっと深いレベルで基礎と向き合うことが必要!

以下の記事で、筋トレやストレッチなど、基礎の部分を色々と紹介しているので練習の参考にどうぞ!

 

学生はダンスを始める上で最高のタイミング!

あなたが今ダンスに憧れを持っていてもし学校にダンス部があるなら、通っている大学にダンスサークルがあるなら、飛び込まない手はないと思います。

僕は田舎の学校でダンス部なんてありませんでしたし、ダンススクールすら市内に1つしかなかったので、選択肢として部活やサークルがある事は非常に羨ましいし嫉妬します(笑)

人間関係や運動神経など、不安に感じる部分もあるかと思いますが、このチャンスを生かしてダンスに飛び込んでみましょう!

 

あなたにとって最適な環境でダンスを始めよう!

学生のみに与えられたダンスの始め方の特権、部活&サークル。

スタート直後の挫折し易い時期も乗り越え易いし、同じタイミングで始めるから負けたくない!だから上手くなれる!

青春ですね~・・・、ダンスをやってみたくて条件が合うならすぐにチャレンジを検討してみましょう。

 

折角始めるならちゃんと踊れるようになりたい!そんなあなたは以下の記事で紹介している『ウザい程丁寧な指導』をチェック!

\ SNSでシェアしよう! /

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【舞筋道-maikindo-】ダンス×筋トレ×ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!